2008年07月12日

モノドラマワークショップ 3日目

3日目

ひとりづつ、やってみる

舞台をつくり、
音も入れてくださる
ありがたいです

が、
語れない私

役にすがっちゃうのだろうなぁ

神みたいな存在
見守ってるような…?

でも気をつけないと
今度は神を演じようとしてしまうのだ

独りよがりにならぬよう
よい加減を見つけたいなぁ

くるくると変わる自分を楽しみたいです

言葉は理解できても
表現するのは難しいさ

悩むより、取りあえずやってみます

どうしても良いお話に思えない、感動できない
今日この頃

4日目

自主稽古

テキスト別に別れて
劇団員のみなさまに見ていただきながらの自主稽古


何だかやることがたくさんあって
混乱の極みです…

楽しめ、楽しめ


語り手と登場人物が持つ情報の違い

語り手の評価

物語に入るときの体の変わり方

ミステリーと期待感
ワクワクとドキドキ

自分の内で悶々とせず、伝えるということ

無対象の中で、それらを自分で作り上げていくこと

何か恐る恐ると、
これでいいのかしらと探ってばかりいる私。

まずはもっと思いきりよく
悩むより慣れろ
です
何度も何度も繰り返してみます!

私は、
表面的なことしか見ない人間のエゴを感じるのかも

物語に

白に戻れても
また黒くなったら…
ねぇ
posted by ななこ at 16:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キンダースペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。