2008年08月14日

連続ワークショップ「愛という不条理」後半戦 3 発表♪

いよいよ発表の日

早めに行って二回程通す
代役(?)のS君と

今回参加者の取り組む作品が偏りまして
子供の時間は、何と4人もやります
だから相手役の劇団員のNさんを奪い合う状況です

なので
それ以外は劇団員S君に手伝っていただきました

ありがとうございました!
m(_ _)m

そして肉練と発声を今日はサクッとやり
また個別稽古
Nさんと、一度通してもらってから

どうしても集中力のキレる後半をできる限り克服するために
そこを三回くらいS君に読み合わせをしてもらいました

そしてカレンさんのことをグチってみたりして(笑)

戒められたり
励まされたりして(笑)
お世話になりました

そしてS君に健闘を誓い
Nさんのもとへ

発表は4番目…
お腹が痛くなってきた

またもやグズグズになりそうになったが
前回よりもこらえられたかと…

演出の原田さんに言われたとおり
ヒールを履いてみたら
あら、不思議

毅然としていたい

という気持ちが生まれ
立ち方や歩き方が変わりましたよ

多分…

最近は履きなれてないので
若干ふらつき、ついでにセリフがとんでったのですが…

しかも忘れるはずのないセリフを

やばい…
と心の中で葛藤してたら
見事なタイミングでS君がプロンプを…!
ちょっと感動
さすが、もう一人の相棒
見てくれてます

話し合って作る良さと
話し合わないからこそ見える世界

その2つを同時に体験できたなぁ

奪い合う状況も
それはそれで勉強になりますね


日本人は叙情的なのが好きだよね

と原田さん

はいぃ
私の書いてきた文章がまさしく叙情文ですからねぇ

つくづく
私は日本人です

それだけではダメなんだけど

目の前の事、人にではなく

「世界に対して怒れ」

南京のキリストやった時にも
何度も言われたのに

世界を知るために
まずは谷崎潤一郎と三島由紀夫を読みます

どちらも数ページで挫折した過去があります

本当に日本人的感覚が好きなんだね、私
再認識

でもでも

いい天気ですね
この一言でいろいろなものを見る

すすきを見たら
秋だなぁと思う

風鈴の音で涼を感じれる

そういう日本人の意識
いいでしょ

それをハッキリ感じるためにも
世界を知っていきたいと思います

あ、その前に小泉八雲だい

今回もいろいろとお世話になりました
ありがとうございました!
posted by ななこ at 21:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キンダースペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。