2008年09月12日

短編アンソロジー伍 小泉八雲編「死の微笑」どっちにころんでも 絶望なのか?

「かみ」をつかむかぁ

勝手に納得

語りとは何か
という大討論大会を繰り広げたわけです
つれと
叩きの後に稽古を見ていってくれたので

討論して導き出された結論は
すごく単純だったりする

うける

新しく差し込まれた物語
思わずうなりますね
全然違うかもしれないが(笑)

帰り道に
耳なし芳一さんの話を
何だか思い出しました

とりあえず
至急入れなきゃならないことがあるので
それをやります
今宵は
posted by ななこ at 23:56| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | キンダースペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106515731

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。