2008年12月18日

劇団大樹「ひめごと」公演終了

出演しておりました
劇団大樹公演
「ひめごと」

無事に全ステージを終了しました

みなさま
本当にありがとうございました
m(_ _)m

関わってくださったすべての方に
ただただ感謝です

主宰より聞いた話では概ね好評とのことで心底ホッとしてます

み群さんも喜んでくださって
ありがたいことです

家族について
アイデンティティについて
愛について

なぜなぜを繰り返した日々でした

今は
家族のかたちは
そりゃあもう様々です

未婚、非婚化
産み方、作り方の多様化
それによる出産のビジネス化

しかし人の心は
古風で保守的だったりする

そこから生まれてくる、歪み

いつからか人は
病院で生まれ
病院で死ぬことが多くなり
日常生活から人の生き死にが消え
命の大切さが実感しにくくなってたり

それを見直す方たちも現れたり

いろいろです

本当に今は

愛にもいろいろな形があるのに

やはり歪みの心は古風で保守的

どちらが良いかということではなく
そんな世の中で
自分はいったいどうなのだろうか

という問わず語りです

芝居は見るのも演じるのも

人生について
大いに学びます

自分が生きて
はじめて
相手に生かされ
生かしもする

それもまた人生と同じなのかもしれません

今年はそんなことを考え続けた年だったなぁ

ひめごとは
太宰の斜陽の一文からとったとのこと

だからという訳ではないのですが
太田治子さんの「心映えの記」がバイブルでした

遠い記憶の(笑)
恋のせつなさやドキドキは

ドリカム♪で

愛の注入は
BEGIN♪を

愛は
言葉でも気持ちでもなく

行為

なのだと思いました

愛そのものには
何の意味もなく

その前で
どう生きるか

なのではないかしら

とまたまた思いました

それにしても今回は
演出の偉大さを再確認したのでした

うっそーん

と初めは思ったことが
実に見事にはまっていく

まじで?それやるの?

と初めは思ったことに
逆に救われたり

演出って
役者にとって、とても大事な存在です…

改めて実感


私はまだまだまだ
まだまだまだ
まだまだまだ
……

もっともっと精進します

ご来場くださったみなさま
温かいスタッフのみなさま
素敵な共演者のみなさま

本当にありがとうございました
m(_ _)m
posted by ななこ at 17:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感・所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111406768

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。