2005年01月21日

1/20 「歌芝居 をぐり」 所作指導2

今日も所作指導が入りました
姿勢から直し入りました
でも、ちょっと地歌舞の基本姿勢を思い出しました
胸を張るのをついつい、忘れてしまう
もう、あとは慣れていき、体に染み込ませていくのみ
そこが難関ではござあるよ

あとは毒殺のシーン、餓鬼阿弥送り、遊女の入りのとこをやる
遊女では色気なしかと思いきや、そうは問屋がおろさないらしく
ばりばり見せます。

・・・うそ、ちらちら見せます。チラリズムです

掛けの扱い(座り方、裾の持ち方、歩き方などなど)を
伝授してもらい、ちょっとほっとする
今まで(わからないでやってるから)おっかなびっくりでしたが
もうちょっと自信を持ってやれそうです
あとは扱いに慣れて、
「格上の女房でござあるよ」
となりきります

あと2週間
まだまだできることがある!

それはさておき先生の男形がとてもかっこいいです
そして立っているときの心情として
先生からはこんなダメが飛びます
「世界は俺のもの、ちょっと貸してるだけ」

このフレーズがね、好きなんですよ。わたし


見る目童子の衣裳の一つが、瑠璃色の目玉らしいのですよ
だから新解釈として、彼は外人ということに

「見ィるっ目童子はぁ、ありますかぁ?」
「Oh Yes! Mr EMMA.I'm in hear」

なんてね
みんなで考える

ま、冗談ですよ。冗談
でも一度ぐらい見てみたい気も・・・
posted by ななこ at 00:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古中(演劇塾)※2005年2月終了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。