2006年10月03日

「短編演劇アンソロジー弐 芥川龍之介編」わくわく

昨日と今日は、稽古返上で舞台づくり

私は縫い物のお手伝い
やっぱ、ミシンは足踏みに限る

快適、快適♪

ミシンを踏みつつ、密かに中国語の練習

今回の衣装もピンクよん
それもベビーピンク♪
ピンク多いな私
着せてもらえるうちに着とけー
と、最近は開き直りつつあります

明かりづくりも、行われて
シュートも

首あげて
もうちょい右

と、言われ
言われるままに動いてたら
灯たいのことでした
あははーん

そりゃあそうだ
恥ずかしいー

シュートなんて久々なんで緊張したのさ

明かりが入ると、さらに素敵な舞台が…!

怖いばかりの本番も、ちょっと楽しくなってきたよ

探してた本が売ってない
借りてみるかなぁー
メイクの相談をメールでチラッと

明日は三日振りの稽古
イェーイ
テンションあげなきゃ

何か覚え書きみたいになってきちった


いかに死ぬかは
いかに生きることと
同じっす

死の直前まで問いかけは続く
posted by ななこ at 23:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キンダースペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。