2006年10月14日

「短編演劇アンソロジー弐 芥川龍之介編」いや、でも正直に

7日目
16時、小屋入り
いつものように支度してアップ

普段、本番10分前ぐらいには必ずトイレに行くのですが
今回は開場するとアトリエのは行けないもんで
どうしてもの時は裏通って外に行くのです

そして、
そのどうしてもが、来ちゃう
迷った末、行きました

こういう時、心配性な私はついつい

いま、強盗におそわれたら、如何にすべきか

ということに思い巡らすのでした

必要以上に気合い入れてトイレに駆け込む私

かなりスリリングな体験でした

ま、そんな状況有り得ないですけどね

無事に戻れてよかった

神のご加護やわ


が、そこで運を使ってしまったのか
トラブル発生
今までまったく大丈夫だったのにー

最悪の事態は免れましたが
よかったよ


チャルではメイクをやってくれる
坪内嬢来てたので
メイクダメ出しもらう
肌は誉められた♪
眉は相変わらず苦手だー
ついつい眉毛喪失の危機を恐れて
濃く、太くなってしまう


限界つくりたくないし、決めたくない

せめぎ合いなのだね
posted by ななこ at 11:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キンダースペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25454538

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。