2005年04月06日

4/4  ヴァニティーズ 半立ち稽古

稽古場に鏡が貼られ(壁一面に鏡です)、
ダンスのレッスンバーが置かれまして
また稽古場が豪華になっていた

まずは男の子たちのイーハトーボの立ち稽古を見る
蝿が飛んでるのがおもしろかったりするのですが
蝿は3人の輪の中を飛んでたほうがおもしろい気がした
話も集中しやすいし。

そしてうちらのヴァニティーズ
ちょっとやりたい方向とは違ってきてる
会話の合間、合間にに生まれる妙みたいなのが
欲しいな。
でもま、いっか
これは作品を完成させるのが目的ではなく
クリニックなのですからね。

半立ちで発表に挑むことになってましたが
やはりセリフを入れてくるようお達しがでる。。。
あーー。大変だぁー
でも3場だけだもんね。

入れるぞぉーーーー!!
と、気合だけは早めに入れておく

「でも、みんなテッドに救われたんでしょ?」
という社長の言葉にどうしても同意できなかった私

だって、救われてないんだもん。少なくともメアリーは
ただ、逃げてるだけだもん。
寂しい肌をすりよせて。
逃げた分だけ、落ちてるし

だから思わず反論してしまうのでした

今日は終わってみたら23時でした
ふうぅーー
posted by ななこ at 01:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 京楽座(演劇塾あらため) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2803885

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。