2005年05月12日

5/10 特別講義 ジェームス三木さん

後援会の方々も見えての特別講義
ジェームス三木さんですよ!
10人足らずの稽古場にて
ありえない幸せ。幸運。
さすがは社長!

いやーーーすごいおもしろかった
そしてたくさんの刺激をいただきました
プロはやはり違う。

役者として、日本語を大切にすること
セリフを扱うのだから、言葉を大事に

人は何故、芝居を見るのか
ドラマの中の何に、ハラハラドキドキするのか
そうして得られるものとは?

人はどんな人でも、天使と悪魔をあわせもつ
そして悪魔的視点で芝居を見る

セリフをうたがう、現状をうたがう
疑うことは探ることに似てる

プロの役者として、常に考えておかねばならないこと

お客様へのなげかけ

感情ありき、キャラクターありき、その結果としてセリフやしぐさが出てくる

誰しもがもっている、ある感情について考えると
人物像が浮かんでくる

役者になるには東大入学や甲子園出場よりも
はるかに狭き門・・・

なぜ挨拶はいつでも「おはようございます」なのか
そこから見えてくる、芸能の世界の厳しさ

などなどなどなど

螺旋組の稽古が偶然にも休みだったから行けたわけですが
「今、聞いておいたほうがいい」からという
神様の思し召しなのかしら・・・なんて思う
セリフのない芝居だからと、自分の体の動きにばかり
目をむけていましたが
逆に言葉を発しないということも、意識してやってみようかと
言葉のもつ力、神秘みたいのを感じつつやっていきたいなー
なんてことを思う
ドキドキハラハラさせるには?
悪魔的部分を刺激するには?
ということを思いながら、台本を読み直してみる

そうそう他己紹介をやってほしいとオーダーあり
それも紹介するその人になりきって・・・
いやーおもしろかった。
羞恥心がないのがいいと、みんなほめられる
自分が紹介するよりも、されてる側に立たされる方が
とっても恥ずかしい。
穴があったら入りたいくらいだった

まいねー作のやっこちゃんが、一番のヒット

特徴をシンプルに捉えて、デフォルメしていく
・・・これもヒントになりそう

実り多き、講義でした
posted by ななこ at 02:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 京楽座(演劇塾あらため) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3580228

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。