2007年10月05日

キンダースペース連続WS 劇的をめぐって…

三年振り?二度目のワークショップにお邪魔してます


ずっと参加したくてウズウズしてましたが、
予定が合わず…
今回、ようやく念願叶って!!……

のはずが、
本番終了直後のけだるさが抜けないまま
ぼーっとしてました
初日

せっかくの
せっかくの
せっかくの

なのに

単なるアホですわ

ですが、二日目にして
パチンと音をたてて火がつきました

相変わらず原田さんのトークはおもしろく
また勉強になります
首が痛くなるくらいに、いちいち頷いてしまうのでした

キンダーの役者さん方も相変わらずステキです

すみません、
基本、ファンですから

でも、ここからは真剣勝負です
そんな気持ちは捨てますよ

ビビらず行きたいと思います


まずは一日目
フィクションとは何ぞやという話
フィクションの必要性
存在感とは?

などなど

詳細は教えてあげません
そんな、もったいない

まぁ、ちょっとだけなら
ちょっとだけですよ

「映画のおもしろさは、1筋、2ぬけ、3役者
ぬけとは観客に想像させる部分ではないか」
というお話

私がキンダーさんが好きなのは、まさにそこ!
想像力をかきたてられるからです
見終わった後にぐったりするくらいに

言葉にならない、いろいろな思いが降りかかって、たまらずに号泣したことも

想像した先の何かが欲しくて見に行くんだろう
私は

やりきりはNG
耳が痛い

以上!

そして今回のテキストについての話
その後、読み合わせ
テキストは
・オレステス(4シーン)
・セールスマンの死(2シーン)
・駆け落ち83
・テレーズ・ラカン
の4つ

どれをやろうか
かなり迷ってます

決まらない…

二日目

希望を聞かれたので
とりあえず
オレステスのクリソテミスと
駆け落ち83を出しました

泥仕合や憎しみを自ら増幅させるのが、しんどいな
という消極的な消去法もありましたが

クリソテミスの心情が、
戦争ものやハンセン病の本を読み続けてた時に
ふと、お笑いのビデオを見て
もう、いいじゃん
どうにもならないんだから
笑って楽しく暮らそう!
と思いつつも
何とも言えない罪悪感につつまれ
行き詰まった時の自分に重なる気がしたという理由からだったり

セツ子の面影が
平和で幸せなはずが、何かおもしろいこと、何か新しいこと、もっと愛して、もっと違う方法で、もっと角度をかえて、手をかえ品をかえて!
なぞとボヤき、
自分自ら乾いていった上で、潤して欲しいのと理不尽な願望を押し付けてた
かつての私と重なるからだったりも
、します

自分の中にあるものを掘り当ててみたいなー
なんて

でも、今日、他の方がやってるのをみて、
テレーズ・ラカン
が断然に面白く思えてきたり

逆指名できるなら、私もエレクトラやりたいなー
と思ったり

さらに迷いはじめてます

どないしよ

直感で決めようか

とりあえず
今日言われたことを踏まえて
テキストを読みます!

何が出るかな?
posted by ななこ at 00:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キンダースペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。