2007年10月11日

キンダースペース連続WS「 劇的をめぐって…」 次元をめぐって、迷う

6日目

本日は個別に別れての稽古

あとお休みをされる方のシーン稽古

次元の違いについて、試行錯誤しながらも何度もやってみる
やったらディスカッション

そしてまたやる

の繰り返しで

一度、役を入れ替えてもやってみる

相手を知るって大事なことでしたね

そこも探る

他のシーンのエレクトラからも探る

やはりねー
エレクトラは私にとっては
凍り付いた目をした子と重なるの

渇きが執着を呼び
執着が依存に姿を変え
求めすぎていく

それの実態がなくなれば
己の想像の中で際限なく膨らんでいく

現実より夢の中のが
自由に追えるし
自由に求め、答えもしてくれる

その場から動けないのが
自らの意志だと思い込み
それが、どこにも行けなくする

自分を切りつけないと生きてる気がしない

裏切りものと思われたくない
責めらたくないから服従する

不確かなものを誰よりも欲してる

感じないよう
信じないよう身を潜める

虚勢をはる

どうしても、マイナスイメージなのだ


その対局

と、捉えてみようか

ビルマの竪琴なのかなぁ

おーい水島
一緒に日本へ帰ろう

って叫んでるのかな

一縷の望みにかけて
わかっているけど、言わずにはいられない

その強い衝動の正体を知りたい


台本を全部読んだら、また違うんだろうなぁ
でも今回は、今あるシーンからで探る


あと2日で
posted by ななこ at 21:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キンダースペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。