2004年12月11日

12/10 「歌芝居 をぐり」 歌唱指導

歌唱指導の先生がお見えになり
歌の稽古をみっちりと
昨日言われた、楽譜から気持ちや意味を読み取る
ということを体現したような感じで
おおぉーーーー!
求められてることは同じなのだ

セリフの置き換え、気持ちの置き換えは
歌でも有効なんだよ。
当たり前のことではなきか
ねぇー

まだ曲は出来てないのですが、ラップ調という
ト書きがある部分があります
どうなりますかね。楽しみです
今日はラップ調にみんなでノリノリでやりました
楽しーー

これに振りも入るとまた違ってくるはず
積み重ねですな
ある歌のシーンの解釈で
一部、大いに盛り上がる
昔の方が、開放的だったのね。実は
おほほ

正座がつらい今日この頃
ついつい、正座のコツなんてキーワードで検索しちゃった
そしたら正座倶楽部なるもののサイトを発見!
ここにコツがのってました
試して見るかな。やはりO脚になるって
O脚帽子のストレッチを今度は探そうっと

今日グサっときた一言
「女子大生みたいだよ」

・・・庶民はつらいね
何とか位の高さを備えたいぃーーー

でも位は高くても盗み読みはしてみたいらしいよね
はしたないことではないのよねー
うーーん。むずかしい
posted by ななこ at 01:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古中(演劇塾)※2005年2月終了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月10日

12/9 「歌芝居 をぐり」 歌稽古&読み合わせ

日本語は、音の高低で意味をもたせる
「橋」と「箸」とかね
だからそれだけで節がある
その節にそった作曲がなされているとの話
楽譜を見れば、そこから言葉に隠されてる意味が
読み取れるかもしれない
音の確認のためだけのものではない、楽譜
その辺も感じつつ、歌稽古していこう

語るように歌う。あー課題ですな。
型にはまらずに、合わせることばかり考えず
まずはのびのびととの
お達しあり。
やっていくうちに、自然にあっていくものだからと
そっかー、と、ちょっと光明が指すね
でも、音やテンポははずしちゃだめだよね

周りの音を聞いてない人が多いとのお達しも
イメージだよ、イメージが足りないのよ
まだまだ
音に反応するということを、
ちょっと意識してみようかな

落とし文って、今で例えると何かなー
週刊誌?
歴史に疎すぎるから、ちょっとその辺も勉強だなー

そうそう、今日見に行ったお芝居で
出演されてたある役者さんのことを
この人はこういう人なんじゃないですか?
と、話しの流れで何気なく言ったら
あ、まさしくそう!と言われて・・・
やはりどうやっても、自分が出てしまうものなのね
舞台って
普段の生活からだー
posted by ななこ at 12:19| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古中(演劇塾)※2005年2月終了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月09日

12/8 歌稽古と読み合わせ

楽譜が一気に配られましたーー!!
そして、4曲、一気にやりました
ふぅーーー
楽譜が読めない私は、ひたすら耳で覚えるのです
耳から入れて、体に刻んでゆく・・・
それも合唱だから、ちょっとでも音をはずそうものなら・・・
がんばらなくっちゃ。
それでいて、歌わずに、語るように
ふぅーーー
でも、リズムが心地いいのは確か

坂本九さんて、長唄出身だそうですね。
あーゆー感じだよと、わかりやすそうで
でもそうでもなさそうなアドバイス
(す、すみません。。(-_-;))

歌いながら踊るかも・・・
踊るというか、振りのあるシーンが
多いのかも

私の内に眠る
(眠っているだろう、眠っていて欲しい、お願いーー)
大和魂よ
どうぞ目を覚ましてーー
posted by ななこ at 01:06| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古中(演劇塾)※2005年2月終了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月08日

12/7 「歌芝居 をぐり」 読み合わせ

読み合わせに入る前に
みんなで遊びを
「ピンポンパン」と「007」
こんな遊びでも個性が出て、楽しいね
わたしは、こういうのは得意

セリフを音楽的にではなく
構造的に捉えて
そして語尾に節をつける
狂言にならう
2字上がり
でも、感情はこめて
テンポもよく、気持もあわせる
いや、やっていくうちにあっていくようにする

・・・難しいったら、ないです

説経は、当然ながらすでに作者はなく
だから謎が謎のまま残されていたりして
学者とか物好きな人が、調べても調べても
はっきりしない事柄なんかが潜んでておもしろい
説経集の解説にも、未詳というものが結構ある
こういうところも、古典が愛される所以なのかぁ
わたしはこう解釈してみました!って
歴史もそうだ
謎に挑むのって、ワクワクするじゃん
それも誰も正解を知らない謎
そういえば、作家がそばにいる
オリジナル作品ばかりやってきたんだなー私は
こういうのは初!かも

どうしよー。
万が一、その謎が私にわかっちゃったりしたら

と、淡い夢を持つ
まずは、「歴史を学べ」って感じ
posted by ななこ at 12:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古中(演劇塾)※2005年2月終了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月07日

12/6 「歌芝居 をぐり」 読み合わせ

本日より「をぐり」の稽古開始です。

稽古開始に伴い、やっとこさ
説教集のをぐりを読み始めてます
怠け者だなぁー私。
本当なら、早い段階で読み
中西さんの一人芝居の台本も読み
自分なりにイメージを膨らませ
アピールポイントをつかみ
ワークショップに望むのが
役者たるものでありましょうぞ

なのに〜、なーぜー♪っと、
実はそこまで本気になれないでいる私
役者というものに
本気になるのがこわいのね
芝居は好きなんだけどね
自信もなくって、迷い続けているのだ
(あ、でも役や、作品に対しては本気で取り組み
舞台にたってます♪)

しかーし!
そこまで本気になれるよう
ここから精進してゆきます

・・・多分ね

うそです
必ずや!!・・・

・・・あ、でも

す、すみません。
まだ迷い中です

迷いながらも、
今できることを、100%出して
臨みます

うぉーーー

ということはさておき、
今日は中西さんの一人芝居の
初演、それも初日という貴重なビデオを拝見しました
裏話なんかを聞いた後でしたので
いろいろな意味で、ハラハラどきどきでした
やっぱ、おもしろい
ある程度、をぐりの話しを知った上での方が
より楽しめるかと思うので、できるだけ
そこらへんも営業トークしたいなー
その後、軽く読みあわせを
みんなで心をひとつにして、
数々の説教を述べるのですね
字面はもちろん、間とかだって
絶対に間違えられないし
はずしたら、最悪だもん
緊張するなぁー
冷や汗をいっぱいかきそうです。
posted by ななこ at 12:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古中(演劇塾)※2005年2月終了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月03日

12/3 [ 12/3 「歌芝居 をぐり」 顔合わせ

いよいよ顔合わせの日となりました
スタッフさんもいらしての顔合わせに
ちょっと気後れする。

でも配役も発表され、ちょっと落ち着いてきた
今まで、ふわふわした気持ちだったから
実感がなくって。
じわじわと実感が沸いてきた
沸いてきたら、すごく不安になってきた
ううぅーーー
でも何とかくらいついて、がんばろう

いろいろやれるみたいだし、遊べたらいいな

顔合わせ後、演劇塾のみんなともんじゃを食べ
お互いに健闘を誓い合いました!

6日より、稽古開始です!
2ヶ月、あっという間なんだろうな
しっかりと刻んでいこう
posted by ななこ at 23:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古中(演劇塾)※2005年2月終了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月01日

11/30 さんしょう太夫 発表会

演出の前での発表会でした
ソロで(息を吸い忘れて)声が裏返っちゃったり
ハケる時に、転んだりなどのトラブルはあるも
まー、稽古したなりのものはできたのではないでしょうか
楽しかったし

当然のように、厳しい指摘あり
課題が課題が課題がぁぁああーーー
山積ですぅぅー
す、すみません。取り乱しました

でも、がんばってましたねというねぎらいの言葉も

しかーし、いくら努力したって結果が出せねばね
道のりは遠くて、いばらです

厨子王が一番、楽しかったなぁ
コロスが一番、緊張した

なんとなく終わった感が漂う
この間のプレ公演終了時と同じ感じ
これから本格的な稽古が始まるんだよ
と、自分で自分を励ます
自分たちの稽古用に、稽古場を作るそうだ
24時間利用可能
すごいなー
本番1週間前からは、実寸の舞台稽古ができる
すごいなー

ここまで用意するんだから、わかってるだろうね君達
・・・みたいな、暗黙のプレッシャーにも感じるよ

ふーー。ちょっと心臓がバクバクしてきました

案ずるより生むが易しの精神で、
思う存分、稽古しよう
posted by ななこ at 15:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古中(演劇塾)※2005年2月終了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月30日

11/29 さんしょう太夫 全組通し

今日も全組通しました
また、セリフの音の力を抜いてると言われてしまった
意識しないと、楽をしてしまうらしいぞ
怠け者な私は・・・
何度も稽古して、染み込ませよう
まだ明日もある

今日はソロ、気持ちよく歌ったなぁーなんて
思ってたら、音をはずしてた
というか、間違えて刻んでたよ。
何回も歌って、覚えるーー

ゆかたのえり抜きが、今までで一番きれいにできました!
posted by ななこ at 01:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古中(演劇塾)※2005年2月終了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/28 音入りの通し

音入りといっても、太鼓です
太鼓だけで、いろいろな情景を表現できる
ここが和もののすごいところだ
役者と、お客様の想像を引き出す。
その場その場で生きる音
SEとかいらいないんですよ。
太鼓の音って、それだけでもトランス状態になる
機械音よりもずっと、何だろう、体の芯からゆすぶられる感じ
実際に骨や心臓にずしーんって響くし

うーーん、でもこれ叩けるようにならなきゃいけないらしいよ
そして叩きながら歌ったりもするらしいよ
それも、歌のリズムと太鼓のリズムは違うリズムを刻むし
すっごい、難しそうだ。。。

少年の動きがままならない
倒れるところとか、どうしても女になってしまうので
あやかっちに実際に倒れてもらう
真似っこしてみるも、何か違うんだよなぁー
もう、思い込んでやろう
自分で自分を騙すよ
posted by ななこ at 00:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古中(演劇塾)※2005年2月終了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/27 さんしょう太夫 全組通し

今回、A-1、A-2、B-1、B-2、B-3の5組編成で発表をします
ちなみに私はB-1,2,3に出ます。Aの時はコロスで歌うのさ
5組すべての通しをひととおりやりました
安寿と厨子王はセリフこそ少ないが、
ちょっとおもしろいです。
でも、山岡太夫が一番楽しそうだ・・・いいなぁー
安寿のソロでは、こんなお題が

安寿として舞台上では存在しつつ
歌は客観的な立場で歌う

む、むずかしい。
頭で考えても、わかりません
もう、本当に感覚だし、センスなんだろうなぁー
歌の歌詞と曲の旋律で、すでに残酷さと悲しさが出てる
だから、朗々と歌い上げる方が伝わる
役者が歌うとなると、どうしても感情をさらに込めようと
してしまいがちになるそうだ
まなみさんも言ってたなぁー
そうすると、かえって伝わらなかったりもする

12歳の少年の動きかぁー
posted by ななこ at 00:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古中(演劇塾)※2005年2月終了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月27日

11/26 さんしょう太夫 少年役を・・・

今日は初めて厨子王をやりました
少年ですよ。えぇ
男の子って、どんなん?って迷いまくり
人がやってるのを盗んで、やってみる
足裁きも女子と男子は違うし、
動きにとらわれがちに、なってしまうね
目指せ!美男子

ちょっとしたディスカッションなんかもあり
勉強になった
様式美も大切にしつつ、いろいろな要素を取り入れて
いい塩梅でそこに立つ
感性が試されますな
どんなに型にはめてみても、どうしたって
その人の性根が出てしまう
などなど
考えれば考えるほど、ドツボにはまる性質なので
案ずるより生むが易しでいこう

まぜ卵で代役に入ったとき、
まったくのコピーをと言われたので、
頑張って真似っこしたけど
どうしても、自分が出てしまったんだよね
それを思い出した
いくらまねしても、オリジナリティが出てきちゃう

真似る、まねぶ、学ぶ・・・
ってこともあるし

和ものの歌は、名のとおり和が大切
まわりと、どれだけ呼吸をあわせられるか
和を大切にする日本らしい、日本の芸術手法って感じ?感じ?
posted by ななこ at 01:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古中(演劇塾)※2005年2月終了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月26日

11/25 さんしょう太夫 みっちりと立ち稽古

昨日は歌メインだったので、
今日は芝居をみっちりと

それにしても、男の子たちがやる役は
どれも楽しそうだなぁー
勉強するなら、あっち方面の役を
挑戦してみたかったかも
楽しそうな分、とっても大変そうではあるけどね

でも、高貴な感じを身にまとえるように
今回はがんばりますわ。おほほ
身体がふらつかないよう、
腰を保つのよ。
ゆったりと、しずしず動くって
優雅な分、すっごい体力がいるのね
キープする力っていうか
まだ、息をつめてしまいがち
呼吸をしよーー。窒息するからね
あぶない、あぶない

歌がなぁー。
みんなと息を合わせて歌うって
難しいーー
それでいて、音程も保ち
情景も浮かべて・・・
ってね

稽古を重ねるしかないさぁ
ふーー

でも最近、やっとこさ
自分がこの舞台に立つイメージが、
持てるようになってきた
今まで、まったく持てなくて、
やばい感じだったから
自信がなくて、不安ばかりで

ちょこっと成長

今日のヒットしたダメだしの一声
「刺客が来たのかと思ったよ」

posted by ななこ at 10:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古中(演劇塾)※2005年2月終了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月25日

11/24 さんしょう太夫 歌の特訓

合唱部分を一人一人歌って、指導を受ける
西洋の歌は子音を強く歌うが
和の歌は母音を強く歌う
そのことが、ちょっとつかめかけてきたかなー
順番的に私の前が、僕らのお手本あずねぇだったので
助けられました。
帰り道でも、音をとってもらう。
ありがとー(T_T)/~~~
もっと自信をもって、音をとれるように
ならなくっちゃ・・・

腹筋が痛いよぉ
普通に歌うよりも、腹筋を使う気がする

後は、気をつけても気をつけても
甘くなってしまう口の開きだ・・・

やることがいっっぱいで
いっぱいいっぱい

もう、練習するのみ!

あ、着物の帯を前で結んで後ろに回すのではなく
最初から後ろで結べるようにとのお達しがありました
ううぅーー
前で結ぶのもやっとですのに。
どうしたもんやら
posted by ななこ at 02:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古中(演劇塾)※2005年2月終了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月24日

11/23 さんしょう太夫 発表会1週間前だー

14時ごろ稽古場へ到着
みんなが揃う前に、ちょいと地歌舞の練習を
みんなが高砂をやってる間に私はストレッチ
そして菜の花で合流する。
・・・忘れてる。
何とか思い出し、思い出しやる
家に帰っても、復習しておいた。
大方、思い出したけど1部怪しいなぁー

みんながちょろちょろ揃いだしたので
歌の稽古を
みんなで歌うときは、大丈夫。
問題は安寿のソロなのだ
最初のハモるところを中心に何度も歌って
体に染み込ませていく

そしてグループに分かれて、グループ練
今日は安寿

七時より、本格稽古
昨日の続きからということで、うちらです
問題の安寿のソロが・・・
音がとれないよ。
1人だと不安な気持ちが音に反映されてしまうらしい
あんなに稽古入る前に、綾子さんにつけてもらったのに
自分のあまりにもの出来なさ加減に腹が立つ
そして悲しくなる
帰り道もずっと練習してたら、
みんなが手伝ってくれた・・・
冷やかし半分だけど
ありがとー

思えば来週の今日は発表会さっ
がんばろー

復習、復習

「型破り」と「型なし」ね
posted by ななこ at 01:41| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古中(演劇塾)※2005年2月終了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月23日

11/22 さんしょう太夫 今日から毎日稽古〜♪

30日の発表会に向けて、本日より毎日稽古です
最後まで芝居がつけられました
違うグループがメインだったので
見ながら学ぶ
私たちは前半部分を残った時間やりました
まだまだ、セリフでいっぱいいっぱいだ
年齢設定、どんな性格?とか、どういう気持でいるのか・・・
すべてがおっつかない
なんてたって、様式美への追求ですもの
でも、私は日本人
日本で生まれ、日本で育ったのだから
日本のリズムが、根付いてるはずぅーーー!!
それを呼び起こそう

座禅でも、くんでみようかしら・・・

えっ?ちがうって?

康子ちゃんに聞いた、山椒太夫をツタヤでかりた
この間、ビデオにとったお能のビデオも見よう

案ずるより生むが易しだよ。うん

チラシの第一稿が出来上がってきた。
色校正がはいるらしいが
むむっ・・・
ワークショップの案内が載ってます
また参加したいなぁ
でも、いろいろな人たちに
ぜひとも受けてもらいたいから
我慢かなぁー

それにしても、
プレッシャーがひしひしと
忍び寄ってくるような
そんなチラシです

チラシに見合う役者になれるかしら
posted by ななこ at 02:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古中(演劇塾)※2005年2月終了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月17日

11/16 さんしょう太夫 自主稽古

今日は2グループに分かれて、自主稽古をしました
ローテンションで役をまわしつつだったので
玉木、うば竹、そして初挑戦のあんじゅを
全部やりました
あんじゅはセリフはないものの、
歌のソロがあるのですね
この歌が実にせつなくて、いいです

発表会では2回で2役やることになっていて
私はうば竹とあんじゅがやりたいなぁーと。
玉木もステキなセリフがあるのですが、
うば竹のがおもしろそうなんだもん

それに、下々の者たちを従える高貴なお姫様なんて
ちょっと無理です。
でも、うば竹も位は高い人なので、相応の高貴さが
必要で。
どこかしら、ついつい漂ってしまう品の良さって
庶民暮らしをしてきた人には、
どうやって身につけたらいいのかなー
難しいところですね

そして、衣裳の採寸をしました
身丈や、袖丈、B/W/H、さらには頭まわりまで
ヅラ?かな?
そうだとしたら、初体験なり!

チラシが来週あたりにできあがるそうだ。。。
いよいよだなぁー
posted by ななこ at 11:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古中(演劇塾)※2005年2月終了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月10日

11/9 さんしょう太夫 立ち稽古と唄稽古

課題発表用のさんしょう太夫の稽古
稽古前に中西さんが稽古をしていたのか
鳴り物がありました
ちょっと太鼓で波の音を入れていただきながら
歌ったりする
なんかかっこいいぞ。上手く唄えればだけどさ

人買いに売られていくところまでをやるのですが
セリフを入れてくるように(唄も)言われていて
一応、いれてはいったのですが、
ま、まさか立ちをやるとは・・・!でした
それに今日は一段と難しい玉木を担当したし

・・・予め知っていたとしても、何かできたわけじゃあなかろうが

和ものの様式美っていうんですか、し、しりません
まずい、わからない、でもやるしかないという感じです
まさしく「言わるるままに〜♪」動きました

無知な自分を実感・・・恥ずかしいです
無知なままでいるのはどうってことないけど
無知を自覚したとき、それはそれは
とっても恥ずかしいですね

自分でやってる最中は、ちょっと楽しかったりするんですけど
日本語ってすてきだなーって思えたりして。
鼻濁音、アクセントやらをすごく意識して、
一文字一文字大切に発していくと
何か、体の中がぐるんぐるん、かき回される気がして
気持ちいいんですよね。
これを自分からかき回せるよう、コントロールできたら
さらに気持ちいいのかもしれません
まだ、まだ、セリフに頼りまくってます


和もの好きな方、いませんかね。
割と必死で探してます

また、まなみさんにお願いしてみようかなー
頼ってばっかりだよ
posted by ななこ at 00:19| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古中(演劇塾)※2005年2月終了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月03日

11/2 「さんしょう太夫」読み合わせ

発表会用の課題台本「さんしょう太夫」に取り組む
独特の節回しでの会話
そして唄

む、むずかしい。むずかしすぎる・・・

声を出すことにまだまだ躊躇してるところと
(声を守ろうとしてる)
口があまくなるところ・・・
もっと、もっと意識しよう

唄がなぁー。楽譜よめないからなー
みんなであわせてるときは、できてると思っても
ソロでやると、アカペラだもんで、己でのみ音をとらねばならず
これが、まったくもってダメでした。
すっごい探り探り音を出してる。
調律してどうすんのーって感じですよ。
歌うわないとねぇ

来週までにはセリフを入れて、唄の音どりも完璧を
とのお達しがあり
うっ(泣)

と泣いててもはじまらないので、こんなときは
ステキな仲間にすがるのさ

今の自分でできるところまでやる
posted by ななこ at 00:52| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古中(演劇塾)※2005年2月終了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月20日

10/19 岸田國士作品の発表会

今日は順番まわってこないんじゃない?
という淡い期待は見事に裏切られ
最後の最後でやる
名前を呼ばれてしまったから、やるっきゃない
あーもっと、もっと稽古しておくんだった
セリフは(覚えたりとかしてなかったんだけど)
何とか押し切れたけたんだけどね
でも、雰囲気は出せていた模様
そう言ってくれる、周りのみんなを信じたい。
年下のダメな旦那と、何とか盛り上げようと頑張る年上女房
女房に気をつかいながらも、締めが悪い旦那
そんな旦那に、時に厳しい視線を向ける女房
あたふたする旦那。いい事も言うのに、後が悪かったり
みたいな雰囲気で紙風船をやりました
あの頃というより、今の夫婦っぽかったと
平成版紙風船というねらいはよかったのかなぁー
まだ総評は出ていないので、わかりませんが

かっきーは、本当はこっち路線の人なんでしょ?
とツッコミ入る
いやいや、一生懸命演技をしたんですって
本当のところは、どうなのかしらねん

黄さん、康子ちゃんコンビの葉桜がよかったなぁ
ジーンとして、泣きそうになった
いい母娘でした
お母さんの最後の語り、娘に言い聞かせているようで
自分にも言い聞かせてる
お母さんも、娘と同じく、成長していくのだなって
康子ちゃんもかわいらしい19の娘に見えました
かわいかったー
ここの完成度はピカいちでしたね

いい感じで年を重ねて、味わい深い人間になっていきたいと
思いました!

次からはさんしょう太夫をやるんだそうです
ふーーー

posted by ななこ at 01:10| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古中(演劇塾)※2005年2月終了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月13日

「灰神楽」7St そして稽古へ

マチネの公演後、ちょっとロビーでぐったりしてから
演劇塾の稽古へ
大分、行こうかどうしようか悩む
悩む、悩む、悩む
しおりさん、井沢さんらB型ギャルズに後押しされ
重い腰をひきづりつつ稽古場へ向かう

久々のモダンの授業
体がおもいよ。おもすぎるよ
しっとりと汗をかいた
気分転換にもなり気持ちよいね

その後、歌唱指導。
これがあるので、頑張っていったようなもので
新しい発声の仕方を学んだ
何だか声が出そうな感じ
実際、頑張ったら、いつもより高い声が出たし
体の機能を全部つかって、使いこなしたら
体が楽器になったみたいに、どこででも響かせることができる
訓練、訓練

のどもストレッチすることと一緒
なるほどね。

稽古後、紙風船の自主稽古を
ひさびさなので、忘れかけてるかと思いきや
割と覚えているものですね
絶対に、岸田國士がねらっていたものとは違う仕上がりですが・・・
来週には発表が開始
来週には当たらないように、作戦も練っておく
posted by ななこ at 01:04| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 稽古中(演劇塾)※2005年2月終了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。