2008年06月29日

短編演劇アンソロジー四 志賀直哉篇「剃刀」についての考察

さてさて
まずは「剃刀」です

◎裏から見た世界

鏡越しに見える芳三郎の心の内が怖かった

自分の心の内にばかり目を向け誰も寄せ付けない

妻の気遣いも、いらぬお世話と受けとめ苛立ちを募らせる

妻も芳三郎の性質を知るならほっとけばいいのだけど
赤子のいる身で夫に倒れ込まれたら事ですから
ついついやかましくなるのも当然で
そんな妻の気持ちを察しない芳三郎も悪い

源公と治太公が出ていったのも
本人たちがどうしようもないのだろうけど
もしかしたら芳三郎の態度に起因するところもあるのかもしれない
と思われた

客の要望よりも自身のこだわりが大事
それも自分を追い詰めることにつながる

病気が重なれば
ますます余裕がなくなり心を保てなくなる

普段、美容室に行っても美容師さんがどんな心の状態でいるかなんて頓着しない
まさかハサミで喉を切られるとは思わないし
信頼というか無防備になってしまう

この若者のように

それは実は怖いことなのかもしれない…

芳三郎の背中越しに見ていたからか
剃刀は鏡に写る若者に向けていたように見えた

赤子の泣き声で現実に戻れたのかな?

ひやっとするラストでした

◎小説の世界

芳三郎は自分の中に

こうありたい

という強い自我を持っているように思います

そして自分の思うように行かない苛立ちや
自分に背いているように思える周りへの苛立ち、
あるべき自分の姿から、どんどん遠ざかっていく現実の自分に焦りを持っているように見えます

病が追い討ちをかける
そんな時にもお構いなしに次々と舞い込む仕事に焦る
妻に咎められ苛立つ
頼りにならない錦公に苛立つ
剃刀すら上手く研げない
やっと思うとおりに研げるかと思った時に現れる客
気に入らない

客の漂わせる雰囲気も気に入らない

こだわりを持った芳三郎に「ざっとでいいんですよ」などと言い無神経にも見える

わざわざ切れない剃刀を選んでしまう

そして初めての失敗

心の中で何かが崩れていく

鏡の中の若者を見つめながら、
憂さを晴らすように残忍な想像をふくらます

どこまでが芳三郎の想像かによってラストが違うように思われた

死人の様に見えた「彼」は
芳三郎か若者か

「彼」が芳三郎なら、すんでのところで心の中のリアルから現実に戻れたということ

「彼が」若者ならば心の中のリアルにとらわれたまま、殺人を犯してしまったことになる

心の内にとらわれたら最後…ということか

◎表から見た世界

物語にすっぽりと包まれた感じ
モノドラマに対する感覚と一緒でした

追い込まれていく芳三郎が気の毒な程によく見えてくる

語り手が演じる、
鏡に写る自分の心の内に
吸い寄せられるように現れた芳三郎が印象的

鏡の心の残忍な思惑に、
そんなことはしていないと
戸惑う芳三郎

鏡に引き寄せられる剃刀を持つ手

信じられない面もちで手を見つめる
芳三郎

世界が鏡に丸ごと吸い込まれるようになり息苦しくなる

ラスト降りてくる左右対照の犬張り子と
赤子の泣き声が
現実に引き戻してくれました

心の内に入り込んでばかりいると
現実を見失う
その危うさを感じた

想像の中でだけ生きていくのは容易く
現実は厳しい

だからといって心のリアルに閉じこもり、目の前のリアルを感じれなくなったら…

破壊につながっていくのかもしれない

そんな恐ろしさを思った
posted by ななこ at 22:10| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | キンダースペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

短編演劇アンソロジー四 志賀直哉篇を見に行きました

劇団キンダースペースさんの

短編演劇アンソロジー四
志賀直哉篇
「一瞬の交錯」

を見に行きました

扱う短編は
「剃刀」
「正義派」
「范の犯罪」
です

今回の舞台は
橋がかりのような
まっすぐな廊下?が真ん中をつらぬいてまして、
その両側に客席があるという構図

今回は三度、この作品と向き合ってみました

裏から見て
原作を読み
表からも見てみる

という試み

これがとても面白いことになりました

まずは、
入り口入って右側(奥)の客席で拝見

こちらはまさしく世界を裏側から見る感じなので
舞台上のある人物を通して世界を見る感覚
気づくと主観的に見ていました


舞台を見て感じたこと、発見、違和感、疑問を抱えつつ
自分の視点で原作の短編を読む

さらに、
それらを踏まえて
今度は左側(手前)の客席にて観劇
こちらは表側から見る感覚なので
自ずと客観的になり、そして客観的に世界を捉え直してみました

そして新たな発見と疑問

欲を言えば、それらをさらに上乗せして、もう一度見たいです
無念…

3作品について
自分なりに考えたことを作品別にしたためておこうと思います

今後の自分の糧となるように

まず、全体を通して感じたのは

実際に目の前で起こっているリアルと

自分の中にあるリアルと

二つのリアルがあって

どちらかに偏ってもだめだし
どちらかが欠落していてもだめ

どちらの存在も認め
その違いをどう捉えていくか

というのが生きていく作業なのかなと
思いました


例えば、
目の前にあるおもちゃが気に入らない時、

気に入らないからと、放り投げるのか
壊すのか

それとも、何故気に入らないかを自分に問いかけ、
再度おもちゃと向き合うのか

の違い

すぐに放り投げたり、壊したりしてしまうと

動機がない
というか
殺すこと自体が動機の殺人が起きてしまうのではないか

と思いゾッとしました

志賀直哉は
父との葛藤が創作の原点だったと
舞台では語られています

父は息子が死ぬことを願い
息子は父が死ぬことを願う

でも死ぬことは願っても殺せはしない

それはいくら目の前にいる父がいなくなろうと
彼の心の中にいる父は死ぬことがないことを

彼はわかっていたからではないでしょうか

目の前に存在している父よりも
心に潜む父の存在の方が脅威でもあったのではないかと
思いました


心にいる父のリアルを消せるか

そんな葛藤が私には見えた気がしました

そして父を消すことのできない苦悩も

それでは別タイトルにて
3作品への考察を記して行きたいと思います

良かったら読んでみてください
posted by ななこ at 18:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キンダースペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

キンダースペース連続WS「 劇的をめぐって…」 いよいよ最終日!

8日目
最終日

グズグズにはなったけど…
今度オレステスをやるときは、クリソテミスを

と、冗談混じりにも、有難きお言葉をいだたきました
嬉しいです

あーでも、くやしー
もう一回やりたい

が、それが舞台
やり直しはきかない
人生と一緒
それが生きてるということさ

と、自分を納得させる
あはっ

花を象徴的に使うことで
集中力は増しました

そしてエレクトラの最後のセリフの響きを
身を持って受けることができまして

あぁ、そういうことだったんだー

と、薄ぼんやりしてたものが明確になる瞬間でした

能でいうところの、すすき=秋
という、役者、お客様双方の想像力をかりたてる出がかりとなる存在としての

物の使い方

みたいなのを体験させていただきました

オーバーに言い過ぎかもしれませんが
私にとっては、そうでしたのよ

役者個人の存在感も必要だけど、
相手役との会話やら、今回でいう花のような象徴が
より自分の存在を引き出してくれるのですね

改めて、実感

そして他者になる

他者になるには、まず自分の事を知らないと駄目ですね

自分との違いはどこにあるのか
ならばその違いから発するズレは?
ズレから見える世界は?

なんてことを
日がな考えました

自分を掘り当てることで
他者も浮き彫りになるのかな

大変だったけど、楽しかった♪

また参加したいと思います

WS後は、アトリエにて打ち上げ

ビールが何かおいしいです

いろいろ話す

受ける側も芯が固まってないと
刺さらないよね
という元香さんの言葉に、非常に納得

また
昼間見た芝居も重なり

ふと、お父様が生け贄に選んだのが
エレクトラだったらどうなっていたのだろう

何て思う

私がエレクトラならば
自ら立候補するかもなと

お父様のために、この身を
どうぞお役立てください
みたいに

三人姉妹の関係
姉妹と親の関係を
もっと知りたいな


なので、オレスティア3部作を読んでみようかと
思っています


みなさま、楽しい時間を有難うございました
お疲れ様でした!
posted by ななこ at 13:36| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | キンダースペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

キンダースペース連続WS「 劇的をめぐって…」 花に救われる…?

7日目

まずは見せて
課題をいだたき、個別に別れての稽古

見せ方というのを、ないがしろにしてました

具体的に言われて、あっさり納得

試しにやってみて、さらに納得

さらに、せっかく持ってる花を、象徴として生かしてと

花を持ってた
花は?

などと、やけに花にこだわってるなー
なんて他人事のように聞き、
とりあえず持ってたけど
そういうことか!

アホか!わたし

ということで
動きと花に意味を持たせつつ
繰り返し稽古してみる

やだ、めちゃくちゃ楽しい

世界にさらに近づけた感じ?感じ?

…いいじゃない、思い込みでも!

やってることはつらいんだけど
疲れるんだけど

あぁ、もっと時間が欲しいよー

でも明日はいよいよ発表会

できることを
できるかぎりに
やろう


象徴として生きる、見せる
存在感で示す

ちょっぴり、実感できた模様です♪
posted by ななこ at 02:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キンダースペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

キンダースペース連続WS「 劇的をめぐって…」 次元をめぐって、迷う

6日目

本日は個別に別れての稽古

あとお休みをされる方のシーン稽古

次元の違いについて、試行錯誤しながらも何度もやってみる
やったらディスカッション

そしてまたやる

の繰り返しで

一度、役を入れ替えてもやってみる

相手を知るって大事なことでしたね

そこも探る

他のシーンのエレクトラからも探る

やはりねー
エレクトラは私にとっては
凍り付いた目をした子と重なるの

渇きが執着を呼び
執着が依存に姿を変え
求めすぎていく

それの実態がなくなれば
己の想像の中で際限なく膨らんでいく

現実より夢の中のが
自由に追えるし
自由に求め、答えもしてくれる

その場から動けないのが
自らの意志だと思い込み
それが、どこにも行けなくする

自分を切りつけないと生きてる気がしない

裏切りものと思われたくない
責めらたくないから服従する

不確かなものを誰よりも欲してる

感じないよう
信じないよう身を潜める

虚勢をはる

どうしても、マイナスイメージなのだ


その対局

と、捉えてみようか

ビルマの竪琴なのかなぁ

おーい水島
一緒に日本へ帰ろう

って叫んでるのかな

一縷の望みにかけて
わかっているけど、言わずにはいられない

その強い衝動の正体を知りたい


台本を全部読んだら、また違うんだろうなぁ
でも今回は、今あるシーンからで探る


あと2日で
posted by ななこ at 21:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キンダースペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

キンダースペース連続WS「 劇的をめぐって…」 次元をめぐって

五日目

テキスト台本に
がっつり取り組む

セリフは入ったらしい

次元が違うのを、如何に表現するか
という課題をいただく

頭では理解できたかと思いますが
まぁ、そこがスタートなわけでして
これからが大変

ほかの方のを見て、こういう居かたも
次元が違うように見えるなー
なんて盗みつつ

考える

考える


そうそう、戦争ものの映画を何本か見てた時、

時代を経るにつれて、何かが色褪せていってる気がしたのよね

切り取り方が違ってきてるというか

そりゃあ、経験したか、目の当たりにしたかどうかで違うのは当たり前だし

見る側の人生によっても、見え方は変わるから

体験談を聞いても、それを自分の中で追体験できるかっていったら話は別で
頭の理解と、気持ちや感情のリレーは別のところにあるし

だから徐々に変わってきてしまうのは、仕方ないけど、怖くもある

だから最近ドキュメンタリーを欲するのかしら…
なんて

あ、話がズレてきた

終戦直後に、

ほんまかいな

と何度もつぶやいた田辺聖子さんの本をちょっと思い出したから

日本のいちばん長い日での将校たちの反乱も
わかるようでわからないし

天皇に対する思いが、やはりまったく違うから
今と
日本国に対する思いも

理屈はわかっても、納得はできない
というか
納得はしたくない
というか
うまく言えませんが

絶対と思っていたものが崩れた瞬間、
あくまでも否定するか、
圧倒されるかだけか
受け入れるか

そこに至る根拠はどこに?

うーん
深みにはまってきたわ

台本にもどれ!
posted by ななこ at 01:03| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | キンダースペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

キンダースペース連続WS「 劇的をめぐって…」 決めました

四日目

テキストをやるまえに、アップにストレッチや発声をしてます
今日のアップはいろいろ動いたりしたのですが
何かね
自分の体を意のままに動かすのって
大変です
改めて、そんな実感

21を久々にやった
ななこさんは、案外気が短いのね

と、言われドキーン

そう、
そうなんです
私、早く最後まで行きたくて、すぐに何回でも言っちゃうの
この間はどう?
どうよ?

って攻めます

舞台上では受け身の方が得意なはずなのに

そして
個別にテキスト稽古を
試しにわがまま言わせてもらい、
駆け落ちをやる
楽しい♪

が、ワークショップですから
苦しみ度が高いであろう
オレステスに決めました

一緒にエレクトラをやって下さる元香さんと
ディスカッション

何のための苦しみか?

いくら苦しんでも、下々のものたちは、そんなことはどこ吹く風、嫌なことは忘れたかのように楽しく生きてる

親子
兄弟、姉妹

…謎はつきませんね

次回までにセリフを入れていきます

感情ばかりにもってかれないように

それが課題

その言葉が生まれた、背景を考えてみます
posted by ななこ at 18:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キンダースペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

キンダースペース連続WS「 劇的をめぐって…」 私は民衆だからね

三日目

もう一度、昨日、希望だしたのをやってみる

試しにテレーズラカンをやってみようかと
一瞬迷うも
辞めておく
強烈な欲求じゃなかったので


で、
オレステスのクリソテミスを

このシーンのクリソテミスは
いろんなドラマがあると感じるわけです
他のシーンのどの役よりも
私にヒットするドラマが

でも感じるのと表現するのは違うのさ

どうも感情にもってかれて、ワナワナしちゃう

いろいろ考えて、細かく抑えて準備したつもりでも
やってみると、違う感情が出て来ちゃったりして、さらに戸惑ったり

そこを、おっ!って楽しめないとね

正解求めてる訳じゃないんだから

あーなんだ
この優等生ド根性
あっちいけ


とりあえず感情にもってかれるのは
確固とした役の信念みたいなものがないからだろうと思ったので、そこを持てるよう探ろう

母の喜びだけじゃないよ

と、さっくりと、
でもざっくりと
言われました

そうなのだ

民衆じゃないんだから
私とは立場が違う

…ギャップ?


あぁ
言葉にすると何て陳腐なのだ
考えなしみたいじゃないか!

と、自己弁護したくなります

でも言葉とはそういうもの
だから言葉に気持ちをのっけても意味がないのだろう

いろんな気持ちやら考えやら何やらかんやら渦巻いた結果
出てくる訳で

どう言って伝えるかってだけでなく
その言葉を吐いた裏側やら内部を
探ってもらえるように存在したい

日常のひとこまで
誰かに好きって言われても
あっそうなんだ
ってそのまま受け入れるわけじゃなく
いろいろ相手の真意も探るもんね

でもって、出てくる言葉が
あっそうなんだ
だったりもする訳で

それは私が天の邪鬼だからってだけではないはず


日本の政治や行く末を本気で自分の大事として考えてる人は、どれくらいいるんだろう

未来を憂いたり、
斜め45度で見るのが得意な人は
たくさんいる気がするが

でもいつも考えてるのはしんどい

だって
地震が起きようが
台風が来ようが
どこかで戦争が起きようが
自分の幸せや笑顔がなきゃ
生きていけないのだもの
そんな民衆の勝手

でも渦中にいる人は、そんな事言ってられない

政治家の人たちは
国民を見て
何を思っているのでしょう
その家族も

家族なら、心底嫌になったら
もういや!
ってサヨナラすることもできる?
究極は

心底嫌になる瞬間って?

そんなことをとりとめなく
考えてみました

考えた後に

駆け落ちも、やっぱりいいよなー
やりたいなー
と、思い始めたり

そこが
私の民衆心理?

なんて

単なる優柔不断です

明日には決まるかな?


ひとごと
posted by ななこ at 12:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キンダースペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

キンダースペース連続WS 劇的をめぐって…

三年振り?二度目のワークショップにお邪魔してます


ずっと参加したくてウズウズしてましたが、
予定が合わず…
今回、ようやく念願叶って!!……

のはずが、
本番終了直後のけだるさが抜けないまま
ぼーっとしてました
初日

せっかくの
せっかくの
せっかくの

なのに

単なるアホですわ

ですが、二日目にして
パチンと音をたてて火がつきました

相変わらず原田さんのトークはおもしろく
また勉強になります
首が痛くなるくらいに、いちいち頷いてしまうのでした

キンダーの役者さん方も相変わらずステキです

すみません、
基本、ファンですから

でも、ここからは真剣勝負です
そんな気持ちは捨てますよ

ビビらず行きたいと思います


まずは一日目
フィクションとは何ぞやという話
フィクションの必要性
存在感とは?

などなど

詳細は教えてあげません
そんな、もったいない

まぁ、ちょっとだけなら
ちょっとだけですよ

「映画のおもしろさは、1筋、2ぬけ、3役者
ぬけとは観客に想像させる部分ではないか」
というお話

私がキンダーさんが好きなのは、まさにそこ!
想像力をかきたてられるからです
見終わった後にぐったりするくらいに

言葉にならない、いろいろな思いが降りかかって、たまらずに号泣したことも

想像した先の何かが欲しくて見に行くんだろう
私は

やりきりはNG
耳が痛い

以上!

そして今回のテキストについての話
その後、読み合わせ
テキストは
・オレステス(4シーン)
・セールスマンの死(2シーン)
・駆け落ち83
・テレーズ・ラカン
の4つ

どれをやろうか
かなり迷ってます

決まらない…

二日目

希望を聞かれたので
とりあえず
オレステスのクリソテミスと
駆け落ち83を出しました

泥仕合や憎しみを自ら増幅させるのが、しんどいな
という消極的な消去法もありましたが

クリソテミスの心情が、
戦争ものやハンセン病の本を読み続けてた時に
ふと、お笑いのビデオを見て
もう、いいじゃん
どうにもならないんだから
笑って楽しく暮らそう!
と思いつつも
何とも言えない罪悪感につつまれ
行き詰まった時の自分に重なる気がしたという理由からだったり

セツ子の面影が
平和で幸せなはずが、何かおもしろいこと、何か新しいこと、もっと愛して、もっと違う方法で、もっと角度をかえて、手をかえ品をかえて!
なぞとボヤき、
自分自ら乾いていった上で、潤して欲しいのと理不尽な願望を押し付けてた
かつての私と重なるからだったりも
、します

自分の中にあるものを掘り当ててみたいなー
なんて

でも、今日、他の方がやってるのをみて、
テレーズ・ラカン
が断然に面白く思えてきたり

逆指名できるなら、私もエレクトラやりたいなー
と思ったり

さらに迷いはじめてます

どないしよ

直感で決めようか

とりあえず
今日言われたことを踏まえて
テキストを読みます!

何が出るかな?
posted by ななこ at 00:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キンダースペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

「短編演劇アンソロジー弐 芥川龍之介編」駆け抜けた実感

本日、千秋楽
新たな緊張感に包まれる

11時小屋入り
ダメだし後、南京の稽古を
抜きで、明りと音も入れてもらって・・・
結構、体力を消耗するので控えたかったが
もう最後だし、出し切るしかないっす!!と
腹をくくり、踏ん張る
一番の体力消耗シーンを2連発
私、頑張ったよ。と自画自賛(笑)

明かりからたびたびもれる私のために
少しスポットを修正していただく

せっかく、いい明かりもらってるのに。。。
ダメダメだぁ
人が外してるの観ると、何で??って思うのに
自分もだよ

導線を確認しておく。

身支度を整えつつ、ラストステージに向けて
気持ちも整えていく

でも、最後という感じはしないのね
まだまだ続きそうな気がするのね

ちょっと、あっ!というドキドキもありつつも
無事に終幕

高校からの友人に

初舞台のころのことを思い出したよ
余計なこと考えずに思い切りよくやってたね

と、言われた
そう、まさしく、初心にかえることの多い公演でした

いい勉強と、楽しい経験と

そしてバラシて、そのままアトリエにて打ち上げ
手料理の鍋2種類、手作りマンゴープリン、ぶり大根などなど
おいしーーーー

そして原田さん、お誕生日ということで
バースデーケーキが3つ並びました
すごい!!
とってもステキなプチパーティで
やっぱキンダーさんて、いい劇団だなぁーと思う

いろいろお話したり、笑ったりしつつ夜が更けていきました

ご来場くださったみなさま、応援してくださったみなさま
ありがとうございました。

共演してくださったみなさまをはじめ、関わってくださった皆様
本当に、お世話になりました。
ありがとうございました

想像力を強く刺激されたーーという声が
たくさん聞かれました

当初の私の予想に反して
芝居関係者はもとより、一般の人に親しまれた作品でしたね
そっかー、
エンタメも必要だけど
やはりこういう作品も求められてるところあるのかも、きっと
と思うのでした

私も、芥川作品と聖書、これからも読んでいこうと思います
細々とね
posted by ななこ at 10:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キンダースペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。