2006年10月15日

「短編演劇アンソロジー弐 芥川龍之介編」正直さの選択肢

8日目
本日2ステ
ここに来ての2ステ
体力勝負

リポD二本!

ろうそくを新調していただく
感謝!

何に重きを置いて
どこに向かうのか
もう一度考えなおす
あぁー怖い
でもやるしかないじゃん

舞台上で生き抜けばよし

本番前に途中まで通す

マチネの出番待ちで、またトイレに行きたくなり
ドキドキしながらも、またもや裏から外へ

外の世界の明るさに違和感

出待ちの時のいかたや集中のしかたを
変えてみたり

2ステ

無事に終了

はぁーーー


拍手に救われます

帰る時に靴の中に100円入ってた

神の御利益か!?

ちょっとうれしかったりして

あとラスト一回
振り返ると長かった気がするけど
実感としては短いな
終わる気がしない

でもその方がいい

がんばろー
守られてる
posted by ななこ at 07:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キンダースペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

「短編演劇アンソロジー弐 芥川龍之介編」いや、でも正直に

7日目
16時、小屋入り
いつものように支度してアップ

普段、本番10分前ぐらいには必ずトイレに行くのですが
今回は開場するとアトリエのは行けないもんで
どうしてもの時は裏通って外に行くのです

そして、
そのどうしてもが、来ちゃう
迷った末、行きました

こういう時、心配性な私はついつい

いま、強盗におそわれたら、如何にすべきか

ということに思い巡らすのでした

必要以上に気合い入れてトイレに駆け込む私

かなりスリリングな体験でした

ま、そんな状況有り得ないですけどね

無事に戻れてよかった

神のご加護やわ


が、そこで運を使ってしまったのか
トラブル発生
今までまったく大丈夫だったのにー

最悪の事態は免れましたが
よかったよ


チャルではメイクをやってくれる
坪内嬢来てたので
メイクダメ出しもらう
肌は誉められた♪
眉は相変わらず苦手だー
ついつい眉毛喪失の危機を恐れて
濃く、太くなってしまう


限界つくりたくないし、決めたくない

せめぎ合いなのだね
posted by ななこ at 11:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キンダースペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

「短編演劇アンソロジー弐 芥川龍之介編」不器用だから正直に

6日目
おはちで遅い朝食をとり
カフェで本を読んだり
台本読んだり
MD聞いたり
ぼやぼやしたりして過ごす

そしてアトリエへ

課題と試練が襲いかかる
堪能しなければね

ダメ出し後
先に支度して
それからアップ

何となく、お腹が空いてくるような気がしたので
ごはん食べておく

体力勝負ですからね
えぇ

今日は不安要素はなくそう!
と、決心し
ちょいと大胆なことをしてみました

まったく、まわりの皆さんには
預かり知らぬところで
我ながら上手くいきやした

やっぱ、これだね

あ、ちなみに芝居の中身とは
あまり関係ない事柄っす

今日は大胆な事をしてもいい日
という占いを信じてよかった!

明日からも、それで頑張る

心底、信じきれるかが勝負
posted by ななこ at 22:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キンダースペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「短編演劇アンソロジー弐 芥川龍之介編」折り返し地点

四日目

仕事あがりにアトリエへ行く
向かう電車の中で
気持ちの切り替え

中国語の入ったMDを聞くのが
日課となりつつある
キヨスクでリポDを買ったつもりが
手渡されたのはC1000武田
そういえば、店員さんが
何か言ってたけど、適当に返事しちゃった
ま、いっかと思いつつも
何だか気になり、ローソンへ走りリポD購入

こういうところでも験をかついじゃう

何かがいるようなきがして、怖くなる
少し慎重になる

五日目
皮膚科に行ってからアトリエへ

マラソンでいうと折り返し地点
気が緩みませんように
ま、緊張感は持続してるからね
嫌になるほど

本番前にアグニを通していたので見る
初めて通して見るよ
面白かった
それにしても客席近い
壁に背中を押しつけちゃいますね

舞台上からも、客席のお客様の息づかいや、
気配なんかを、すごく感じるのね
何か不思議な空間だぁ

見てしまったものだから
時間に追われ、支度にあせる
急がば回れとはよく言ったもの

プリセットで置いた小道具なんかを
何回も確認しちゃうよね
という話になり

あ、私だけじゃないんだー

と、ちょっとうれしくなる

私、かなりのチェック魔なんで

カーテンコール後にはけた所の暗闇に
未だ慣れず

おばあちゃん、こっちですよーと
連れて行ってもらってます
腰がひけてるもんで
でもゲネでは壁に激突したからね
それに比べたら成長してる♪


中国語で世話になった友人が来てくれて
一番、中国語、上手だったよと!

あぁー、ご恩が返せたよ
良かった、良かった
より良い表現方法をまた教わる

幻さんに、ああいうななこキャラは大事にすべし!
と、またお達しが

本当、余計なことに惑わされずに
確立したいものです
はい

後半戦も無事に…
体力勝負!
posted by ななこ at 13:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キンダースペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

「短編演劇アンソロジー弐 芥川龍之介編」三日目

三日目
本番前の雨続きがうそのように
ここ三日間は晴れ通しです

12時半、小屋入り
飲むヨーグルト、レモンウォーター、リポDが
ここ三日間の定番ですわ

メイクとヘアーセットして
自分のプリセット&もろもろ確認して
柔軟と発声

私は後半に出るから、メイク直しや、衣装に着替えるのは
始まってからで充分間に合うので
ゆったりとアップができるー

最近、着替えが大胆になってきたと
言われる
私が良くても周りが困ってるから
多少は気をつけなきゃね
あはは

日常の感覚が多少、麻痺するのも本番ならでは

ぼんやりしないように気をつけ時っす

出番までは何とも言えない緊張感に包まれるよ

もう今回で芝居辞めよう
耐えられない!

と、思う

が、舞台でちゃえば
そこは何とも言えず素敵な空間なのだよ

そしてまた、見とれてしまいそうになった
去り行く背中も切ないっす

公演後は小屋でビールをいただく
ちょっとでホロ酔い

差し入れの原田さんのお母さま手作りの
いなりずしが、疲れた体に染みました

明日からはソワレが続く
体力温存しなくちゃね

試練は続いてる
posted by ななこ at 08:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キンダースペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

「短編演劇アンソロジー弐 芥川龍之介編」初日あけました

ついに、ついに、ついにー

初日があけました
あけまして、おめでとう

…みたいな

12時入りして、ご飯食べて準備

メイクとヘアーセットして、ストレッチして声だしして

古木さんが、手話で頑張りましょうとやってて真似っこする

やはり手話はいいね

ゲネではいろいろ密かにやらかしました
ゲネってありがたいね

そして初日
緊張したー
手が震えたよ

2日めの今日は少し落ち着いたが
多少の緊張はあった方がよいです

今回の験かつぎは
聖書への祈り
十字も丁寧にきります

そのおかげか
キリスト様のご加護により
連日の緊張で、かなり凝り固まってる首と肩も
本番中は大丈夫でした!
感謝

体は大事。資本です

キンダーの皆さんのキャラが
いろいろ見えてきたりもして
面白いっす

そして、キンダーさんのお客様は
みなさん暖かいっす

頑張ろう!まだまだ始まったばかり

この緊張感はもってたいな
posted by ななこ at 20:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キンダースペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

「短編演劇アンソロジー弐 芥川龍之介編」通し、通し!

昨日、今日と明かり、音付きの通し稽古を

転換がー!!

音たてすぎなんで、気をつけます
うーむ苦手だ
転換も芝居も繊細に…

相手役の人の表情に、思わず見とれて
セリフを忘れた

自分でびっくり!
まったく言う気配すら己になかったから

怖い、怖いっす

でも、いつも素敵な表情してるから
惹き込まれるのさ


自業自得で、最悪の事態を
ひとり密かに起こしたりもした

こ、怖いって

本番前に、こういうミスは出し尽くしたいものだね

出待ちにキリスト様の本を読んで、心を落ち着かせる

御守り代わりに聖書も飾る


衣装も道具も出揃い、舞台もほぼ完成

あとは芝居をやるだけっす

がんばろう!

いよいよ、明日が初日
posted by ななこ at 23:26| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | キンダースペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

「短編演劇アンソロジー弐 芥川龍之介編」何となく通し

音、明かり入っての通し稽古

衣装もほぼ完成したので
着てやってみる

着るのに手間取る
自主練しなくちゃ

そしてショールの扱いが…

わがまま言って、新しいのを見繕っていただく
ごめんなさい

まるで芝居ができなかったから

軽く真っ白になったし
自分の不甲斐なさを責めるのは
後にして
芝居に集中できるようにせねば…と

転換ドキドキだわー
早替えはちょいと楽になったっぽい
それでもギリギリの匂いはする

己の転換表つくっておこう
気休めになるしね

中国語の王先生も見えて
チェック入りました
qu は今回は大丈夫だったみたいだが
ある一カ所が、ついつい間違う
間違うと違い意味になっちゃう

染み込ませー

あー怖い
怖いけど楽しい
音と明かり入ると


なにが起きても、ふりまわされないように
posted by ななこ at 22:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キンダースペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

「短編演劇アンソロジー弐 芥川龍之介編」わくわく

昨日と今日は、稽古返上で舞台づくり

私は縫い物のお手伝い
やっぱ、ミシンは足踏みに限る

快適、快適♪

ミシンを踏みつつ、密かに中国語の練習

今回の衣装もピンクよん
それもベビーピンク♪
ピンク多いな私
着せてもらえるうちに着とけー
と、最近は開き直りつつあります

明かりづくりも、行われて
シュートも

首あげて
もうちょい右

と、言われ
言われるままに動いてたら
灯たいのことでした
あははーん

そりゃあそうだ
恥ずかしいー

シュートなんて久々なんで緊張したのさ

明かりが入ると、さらに素敵な舞台が…!

怖いばかりの本番も、ちょっと楽しくなってきたよ

探してた本が売ってない
借りてみるかなぁー
メイクの相談をメールでチラッと

明日は三日振りの稽古
イェーイ
テンションあげなきゃ

何か覚え書きみたいになってきちった


いかに死ぬかは
いかに生きることと
同じっす

死の直前まで問いかけは続く
posted by ななこ at 23:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キンダースペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

「短編演劇アンソロジー弐 芥川龍之介編」徐々には

舞台が少しづつ、整えられて行きます

ベッドが低くなり、大分動き安くなりました♪
ちょっとした高さの違いなのに
扱う分には大分違ってくるのね


あー怖い、怖いっす

今日は一回とおす

気持ちの触れ方、難題

そして中国語…
頑張って覚えてるんだから
もっと自分を信用して
がんがん行くべしだよ
今行かなくて、いつ行くのさ
例え、万が一詰まっても
ここまでやっても詰まってしまうなら
致し方ないと思えるくらいに
稽古すりゃあいいのさ
はぁー

多分、似てる!思うことがある

想像の域は出ませんが

もう一回読んでみようかな

邪宗門て、未完の作品だったのね
知らずに読んでたから、結構へこむ

これからという一番の盛り上がり的なところでぶつ切れだし
気になる
相当気になる

でも未完のまま、作品として発表されるなんて
すごいね

私の理想的ラストは
天上皇帝が若殿の美しい笛の音に感心し
そなたは大変、心の優れた人間であるから
私に仕え、神のご加護により、何者にも勝る力を授かれと言うが

殿は断る

力など必要ない
何かを愛する心に自ずと神は宿るのだと
言う

んで、天上皇帝は

ならば、ここに私は必要ない
と言って
空のかなたに消え失せる

消えたと同時に
摩利乃信なんたらの力も消え失せる


虎の威をかるネズミじゃ、いかんよ
と言う話


って、
こんなこと考えてる場合じゃありませーん!

本番は近い
posted by ななこ at 18:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キンダースペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。